ホームページと検索サイト

ホームページと検索サイトの関係は、今や強い関連性をもち、インターネット社会での重要な項目となっています。

ホームページを作ったら、まず何をするかというと、沢山の人に自分のホームページを観てもらいたいと思うはずです。

特に、企業は、自身の会社の製品をアピールしたり、会社自体を多くの人に知ってもらうために、検索エンジンに見つけやすくしてもらうための作業、SEO対策を行っています。

ホームページが作られ始めた黎明期には、ただURLと言われるホームページの住所に当たるものを直接ブラウザに入力したり、他のホームページから自分のURLリンクへを貼ってもらうなどの方法がとられていました。

けれど、たくさんのホームページが作られるようになり、目当てのホームページを探すための検索エンジンが登場してからは、自分のホームページが、いかに検索エンジンのランキングの上位に掲載されるかを競うようになりました。

GoogleYahoo!などの検索エンジンは、コンピュータが世界中のホームページを見つけて、検索エンジンに登録することで、多くの人にホームページを観てもらえるようになりました。

現在、様々な企業や個人でも検索エンジンに見つけてもらい、上位にランキングをしてもらうため、様々な対策がとられるようになりました。

検索エンジンがホームページを検索する仕組みは、コンピュータが自動的に行うので、できるだけコンピュータが見つけやすい方法でホームページを作らなければなりません。

コンピュータは画像や写真を認識しないので、できるだけ、画像を使わず文字とプログラム言語を利用してホームページを作る必要がありますが、文字ばかりだと人間がホームページを見た時、見づらくなってしまうため、様々なホームページ作成のテクニックが使われています。